小顔チークの入れ方とは

| 未分類 |

小顔チークの入れ方は、顔の形によって入れる場所に違いがあります。基本的には卵型のバランスの良い形になるようにチークを入れるのがポイントになります。
例えば丸顔の場合は顔の中心よりも外側から上に向かってさっと塗るとシャープな顔立ちに変わります。

そして面長の場合はチークを横広に塗るのがポイントです。縦長の顔を強調しないように顔の中心よりもやや下側に入れることでバランスを取ります。
エラが張っていて顔が四角く見える場合はチークをビーンズのように顔の中心よりも外側に塗ると四角い顔をカバーすることが出来ます。逆に逆三角形型の顔の場合はチームを丸めに塗って柔らかい印象を与えると小顔になることが出来ます。

使用するチークは自分の肌の色によって使い分けるのがおすすめです。肌の青みが強い人はブルー系を、黄色みが強い人はイエロー系の色を選ぶと肌を美しく見せることが出来てチークが顔に馴染むため小顔効果も得られやすくなります。

自分の肌や顔の形を鏡を見ながらしっかりと確認すると良いでしょう。自分では分からないという人はビューティーカウンターなどで美容のプロに見てもらうのがオススメです。チークの入れる場所やおすすめアイテムなどを教えてくれるので小顔チークを自分のものにすることが可能です。